Video

<NHK>2020応援ソング「パプリカ」カバー バラードバージョン



【歌の成り立ち】熊本県出身の作曲家永松英利(ちひろの父)は、長年に渡り障害者への様々なボランティア活動を行っています。『障害者列車ひまわり号』という、障害者の旅行を実現するための臨時列車におけるボランティア活動において、重度の障害者の方からこういう内容の手紙を受け取りました。「学校を卒業して家に籠りがちだった生活が、障害者列車ひまわり号に関わったことで、自分の人生が大きく開けた。」その手紙を基に、この歌を創ったといいます。




インタビュー

熊本震災救済イベントインタビュー by CLTV

2016年4月に発生した熊本地震の被害の救援をするため、トロントにてチャリティイベントを開催しました。これはその際のCreator’s Lounge TV によるインタビュー動画です。